メニュー

当院の特徴

2診体制でおこなっています

医師が2人体制で治療にあたります。
難渋する疾患や治療方針などに対して定期カンファランスを施行し、常によりよい医療を提供いたします。

また治療までの待ち時間が短縮されるため、十分にお話できる医療をも目指します。

※水曜日は岩井詔子医師が京都大学病院で専門外来(小児難聴外来)のため 院長のみの1診体制

医療機器を充実させています

各種聴覚検査、平衡機能検査、X-P検査、内視鏡、超音波検査、鼻レーザー治療機器など、充実した設備を設置しています。

治療内容や状況はすべてコンピューターで保存し、わかりやすくスムーズな医療を行っております。

詳細はこちら

地域の医療機関と連携をとっています

CTやMRI、食道・胃内視鏡などが必要であれば、相当の医院もしくは病院に紹介し、検査していただきます。
また、手術や入院治療に関しても、その疾患相当の病院を紹介します。

当院でおこなっている治療

一般的な耳鼻科の疾患、めまい、アレルギー疾患の治療、補聴器外来、各種聴力検査、鼻レーザー治療、超音波検査、平衡機能検査(めまいの検査)、X-P検査(副鼻腔炎・蓄膿症の検査)、内視鏡検査など

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME